本文へ移動

生産設備

工場外観

工場外観
ここでは、当社保有の設備の数々をご紹介いたします。

インフレーション式押出成型機(フィルム)
10台 能力200t/月 (LL吹上機6機・HD吹上機4機)
工場敷地 1300坪・工場600坪・倉庫300坪

旭ポリエチレン株式会社の強み

  自社一貫生産が弊社の強みです。
インフレ工程→印刷工程→製袋工程の一貫生産で高品質、短納期、工場価格を実現します。

原料保管

原料保管
原料投入

インフレ工程

インフレ工場入口
防虫対策① 
倉庫・工場間は2重シャッター完備しております。
陽圧設備
防虫対策② 
工場内へ空気を送り込み、空気圧を高める事で虫の侵入を防ぎます。
工場全景
HDPEインフレ機
極薄0.01フィルムの製造を得意としております。
LLDPE小型吹上機
食品関係の小袋の用途が多いです。
LLDPE大型インフレ機
厚さ0.25mm迄製造可能です。
肥料袋、極厚工業袋の用途が多いです。

印刷工程

4色グラビア印刷機

印刷機 (株)ユニオンテック製
カラコン(※) 太洋電機産業(株)

※カラコンとは多色グラビア印刷における見当合わせを自動補正する装置です。これによりカラー印刷の精度の高い柄合わせも可能です。
自動静止画装置
▼のカラコンマークをセンサーで読み取り、見当合わせをします。見当合わせのはトンボ(+)の重なりで確認します。印刷速度が高速な為、静止画で撮影する事で正確な検討合せが可能になります。

製袋工程

製袋第一工場

中型から大型袋の製袋がメインの工場
2列光電管付ボトムシール製袋機
下ヒーター付きで重袋の製袋も可能です。
折込機能付きボトムシール製袋機
袋を折り込む機能が付いた製袋機。
10枚折等の小袋入が可能です。
セミ重袋機
インパルスシールでシール強度に優れます。米袋、肥料袋用途の厚物に適性が有ります。

製袋第二工場

小型袋やレジ袋、小判抜き袋の製袋がメインの工場
衛生的な袋にも対応可能な環境です。
製袋第2工場入口
インターロック
2列光電管付上下シール製袋機
2列光電付上下シール製袋機

製造可能サイズ

材質厚み袋長さ
HDPE単層0.01~0.05140~90060~1800
LLDPE単層0.02~0.2560~100060~1800

主要設備一覧

No.
名称
メーカー
台数
付帯設備
1
インフレーション成形機

北進産業・プラコー他

HDPE 4台
LLDPE 6台
米袋穴開用レーザーマーカー
肥料袋穴開用釘ローラー
全面穴開用釘ローラー

2

グラビア印刷機

ユニオンテック・野口グラビア

4色機 1台
2色機 1台
カラコン
自動静止画装置
3

高速自動製袋機

ムラタ、野崎工業

セミ重袋機 2台
上下シール機 2台
ボトムシール機 3台

交通アクセス

[住  所]
新潟県新潟市東区南紫竹2-2-16
[交通機関]
国道7号線新潟バイパスICより約8分/バス停南紫竹一丁目より徒歩約3分

▼ご連絡はこちらから

旭ポリエチレン株式会社
新潟県新潟市東区南紫竹2-2-16
TEL.025-286-3281
FAX.025-286-3283

──────────────
ポリ袋のフィルム製造から印刷・
製袋まで一貫生産、卸小売
──────────────

旭ポリエチレン紹介動画はこちら
0
3
4
1
4
7
TOPへ戻る