旭ポリエチレン株式会社|ポリ袋のフィルム製造から印刷・製袋まで一貫生産|卸小売|新潟県新潟市

qrcode.png
http://asahi-pori.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

旭ポリエチレン株式会社
新潟県新潟市東区南紫竹2-2-16
TEL.025-286-3281
FAX.025-286-3283

──────────────
ポリ袋のフィルム製造から印刷・
製袋まで一貫生産、卸小売
──────────────

 

よくある質問-Q&A

 

Q&A(お客様からのよくあるご質問と回答)

Q&A(お客様からのよくあるご質問と回答)
 
Q:ポリ袋について教えて欲しい。
A:
よくスーパー関係等で耳にします「ビニール袋」ですが、正確には
「ポリエチレン袋」です。その名の通り、原材料のポリエチレンから成型されている
「袋」です。用途によって適材がございますので、御不明な点があれば
お問合せ下さい。
 
Q:袋の印刷について教えて欲しい。
A:
よく袋に文字やイラストが印刷されているものがありますが、
袋の印刷専門の機械で刷られているものです。
オリジナルのイラストや文字を入れることができ、お客様の商品の
重要なアピールポイントとなります。

プラマーク、何かの注意事項等々、印字が必要なお客様には
重要な工程になります。
 
Q:製袋加工について教えて欲しい。
A:
ポリ袋を成型するにあたってはまず、もととなるポリエチレンを機械に混ぜ合わせ、
吹上(インフレーション)をして、紙管等に巻きつける。または、カセ巻き(紙管なしの巻きつけ方法)をします。
 その後、二次工程でシール加工し、内容物を入れられるように袋状にカットします。
この二次工程がまさに「製袋加工」になります。
 
Q:食品を入れても大丈夫ですか?
A:
食品は基本的に専門の袋の使用をおすすめします。
例えば米は米袋。漬物はナイロン製の袋といったように、適材がございます。
内容物にもよりますが、詳細はお問合せいただければお応え致します。
 
 
Q:ポリ袋の使用上注意事項等を教えてほしい。
A:
可燃物ですので火のそばに置かないで下さい。
ポリエチレン袋は、幼児や子供にとって窒息等の危険が伴うものです。
幼児や子供の手の届かない所に保管して下さい。
素材の強さを超えまたは、シール部の接着強度を超えての使用はお避け下さい。
 シール強度を超えての使用は内容物が飛び出したり、けが等の原因になることがあります。
 
Q:規格外サイズの袋がほしい。
A:規格外のサイズの袋も製造可能です。規格外(別注)の場合はある程度まとまった数量が必要になってきます。
 また、印字等をご希望の場合は納期を3〜4週間いただく場合がございますが、あらかじめ
 御了承下さいますようお願い申し上げます。

 ちなみに、数量はだいたいの別注製品が最低5,000mになります。
 では5,000mはどのくらいですか?
 ↓↓
 仮に袋の長さ(ピッチ)が700mmの場合、次のような計算が成り立ちます。
 
 5,000÷0.7(1mあたり)=約7,100枚という計算になります。
 

 
 
Q:LLD・HDの違いは何ですか?
LLD・HDというのは材質の違いです。LLDは比較的透明で、袋表面もやわらかい感じです。
対してHDはゴワゴワした少々硬い感じです。スーパーのレジ袋をイメージしていただけると
分かりやすいと思います。
内容物(袋に入れる対象)により材質を使い分けて製造にかかります。

※主なLLDの用途
 米袋、肥料袋、タオル入れ袋、切手入れ袋、ボタン袋等の小物袋

 主なHDの用途
 お買い物袋、お土産袋、フィルムやシートとしての使用、切手入れ袋、電化製品梱包用袋


上記はほんの一例です。材質、用途等で御不明な点があればお気軽にお問合せ下さい。
お問合せ先はこちら TEL 025-286-3281
 
Q:袋に折込部分がありますが、どういう効果があるのですか?
はい。そのようなタイプの袋(主に手提袋)にはほとんどと言っていいほど、折込部分(ガゼット)(マチ)があります。
これは開いた時、袋自体を変形させ、四角のものが入れることができたり、平袋では入れにくいものも入れられるようになるのです。

主な用途としてスーパーや店舗の袋、お土産袋、旅館、買い物袋等です。
 
Q:チャック付の袋は取り扱っていますか?
はい。取り扱っております。常時在庫している一般在庫と在庫していないものがございますので、
詳しくはスタッフにお問合せ下さい。
 
Q:最少ロットはどれくらいですか?
最少ロットは袋のサイズ、使用によっても異なります。
ex.0.03×450×600 の袋があったとします。透明袋で通常ですと、3,000m分が必要になります。
では3,000mとはどのくらいかといいますと、3,000÷0.6m(600mm)=約5,000枚になります。
何故『約』5,000枚かといいますと、製袋の業種は出来高で多少の枚数前後があるのです。
 
ではもうひとつ、0.05×450/650×1100 ガゼット(折込有)タイプ透明ですと、5,000m分が必要になります。5,000÷1.1m(1100mm)=約4,500枚になります。
 
これらはほんの一部で、袋の着色、印刷の色数等で前後してきます。詳しくはお問い合わせ下さい。
 
Q:換算枚数について
最少ロットのQの部分でも触れましたが、例えば0.04×200×280 の3,000mは
3,000m÷0.28m(280mm)=約10,700枚 つまり3,000mというロットに対して280mmの製品ピッチをm換算して0.28mにします。単位を揃えたもの同士ですので、3,000mをその0.28mで切っていくと→約10,700枚くらいになる...というイメージでお分かり頂けますでしょうか?
<<旭ポリエチレン株式会社>> 〒950-0854 新潟県新潟市東区南紫竹2-2-16 TEL:025-286-3281 FAX:025-286-3283